#SR5 Bundle of Holding でShadowrun5e PDFのセール中/各サプリメントの特徴

たまにBundle of Holding という場所で、Shadowrun関連のサプリメントPDFが大安売りしていることがあります。
今回新しい大安売りシリーズができたので、買いました。Essentials シリーズとLethal Streets シリーズの紹介をします。(Twitter で紹介してくださったさりおんさん、ありがとうございます)

まずEssential シリーズから。
bundleofholding.com

  • (1) Shadowrun 5th Edition Core Rulebook : すでに邦訳があるSR5のコアルールです。PDFで持っておく意味はそんなにないです。まあくっついてくるのでもらっとけというかんじ。
  • (2) Run Faster : 上級ルールブック。昔だと『Runner's Companion』シリーズで名前が出てたやつと同じ系統です。新メタタイプ、新資質、新キャラ作成ルールなどがサポートされます。あとは細かい第六世界向けの人生の過程や、サムライとしての生き方のディティールなどが書いてたりします。
  • (3) Chrome Flesh : 上級ルールのうち、改造関連(サイバーウェア/バイオウェア/ナノテク/その他科学・医療に関わるデータやルール)がサポートされたルールブックです。
  • (4) Run & Gun : 上級ルールのうち、武装・防具・戦闘ルールオプションなどがサポートされたルールブックです。
  • (5) Street Grimoire : 上級ルールのうち、呪文・召喚・錬金・アデプト・イニシエイトなど魔法使い関連のルールと、魔法に関わる脅威について記載されたルールブックです。
  • (6) Data Trails : 上級ルールのうち、マトリックス/テクノマンシー/電脳文化にまつわるルール・データ・設定がサポートされたルールブックです。
  • (7) Rigger 5.0 : 上級ルールのうち、陸海空すべての車輌とドローンに関わる追加データと改造ルール、リギング関連のデータと設定とが記載されたルールブックです。

このEssentials パックは、THRESHOLD (LEVEL-UP) PRICE というものより多いカネを払えば、SR5 core 含む7冊のPDFを買える仕組みになってます。自分が買った時は31$払って実現したので3480円でした。ただし時間が経つと閾値がつり上がって全部手に入らないこともあるので注意です。

次は Lethal Streets シリーズに関して。
bundleofholding.com

  • (8) No Future : 設定資料系ソースブックです。音楽・文化・3D映画・シムセンス・アングラ文化その他について記述されています。
  • (9) Neo-Anarchist Streetpedia : 企業・有名シャドウランナー・有名犯罪組織・その他世界設定に関わる単語がAtoZで並んでいる設定資料集。SR5版Wikipediaですね。
  • (10) Better than Bad : ちょっとびっくりするタイプのコンセプトのサプリです。Shadowrun5で「義賊(hooding)」をやるためのシナリオ設計指針やキャンペーンの作り方、GM/PLへの助言が詰まった本です。こういうのは以前の版では限定的にしか試みられてなかった。すごい!
  • (11) Street Lethal : 追加のおもしろつよつよ追加装備と、各メガコーポの警備事情について記載されています。表紙がなぜかマッチョウィメン同士の百合みたいになってる。
  • (12) Kill Code : 電脳関連の上級ルールブックだった Data Trails に続く追加の電脳事情ソースブック。デッカーとテクノマンサーをさらにさらに強く出来る、らしい。
  • (13) Cutting Aces : 直接的な暴力でなく、詐欺やコンゲームシャドウランを切り抜けるための各種助言や追加データが用意されているようです(これも面白い切り口だね!)。また詐欺シナリオに似つかわしい街としてイスタンブールが紹介されているもよう。
  • (14) Hard Target (with Assassin's Primer) : シャドウランで「暗殺」業務を扱う際に必要なディティールや勢力、依頼遂行手順をサポートしたルールブック(これもおもしろコンセプトだねー)。Assassin's Primerは短い小冊子で、暗殺者NPCや細かいデータが入ってます。Hard Targetと同梱の扱いですね。

Lethal Streets シリーズはだいたい2500円くらいで買えました。ただし時間が経つたび値段がつり上がっていくので、全部欲しい場合は価格帯に注意してください(支払いの根付けに失敗すると、最初の3冊しか手に入らない可能性があります)。

というわけでこの14冊、なんと今なら日本円で6500円くらいで手に入ります。買われるかたはどうぞ。自分はPayPal経由で支払いました。

免責事項

上記ルールブック/サプリメント群は、邦訳発売済みの以下のShadowrun5版と互換しているものです。旧版(SR4, SR4A)や未訳の新版(SR6)とは互換性がないため注意してください。

The Economistのコラム「財政・自然災害・ウイルス」を和訳した

これはなに?

The Economist 2020-02-17掲載の記事が面白かったので全訳しました。
日本政府(自民党・安倍政権)の経済政策に関する批判を、2014-2020までのさまざまな出来事に触れつつ、総括する形で述べているものです。

www.economist.com

 正式タイトルと言える部分は「日本のGDP 増税と台風の後、劇的に縮小」の方なんですが、直上にある小さい赤文字の方が洒落た言い回しだったので、こちらを和訳タイトルとして採用させてもらいました。
 商業でやっているわけではなく、自分の英語学習の一環としての訳なので、品質保証については免責させてください。誤訳の指摘やより良い訳語の提案については、もちろん歓迎します。
 また、脚注に回している単語は、"A: B;"(語句・半角コロン・訳語・全角セミコロン)という記法で統一しています。これはテキストエディタにコピペして整形しての転用をするひと向けの配慮です。さらに、全角セミコロンを改行"\n"で置換すれば、Excel'(csv)単語リストにもなります。Ankiなど単語帳アプリへのインポートを考えている方はご利用ください。単語帳アプリの具体的な活用については、こちらの記事にまとめています。→Ankiで英語句を収集する:BBC News のコロナウイルス関連情報まとめ記事を例に - Trick or Think?

以下本文{原文(囲み欄),和訳(ベタ)}

Fiscal, natural, viral
Japan’s GDP shrinks dramatically after a tax rise and a typhoon
Finance and economics, Feb 17th 2020
Abe Shinzo has repeated his worst economic blunder by increasing the consumption tax for a second time

「財政・自然災害・ウイルス:日本のGDPは、増税と台風の後、劇的に縮小した」
カテゴリ:金融&経済、2020年02月17日
安倍晋三は消費税の二度目の引き上げにより、在任期間中で最悪の経済的失態を繰り返した。*1
*2

  ECONOMISTS STILL puzzle over Abenomics, the experimental mix of policies introduced by Japan’s prime minister, Abe Shinzo, seven years ago, in an effort to ward off the country’s deflation and stagnation. But two lessons are clear. Japan’s bond market is remarkably docile. And its households are painfully sensitive to increases in the consumption tax, a broad value-added tax imposed on many of their purchases. After the government raised the tax from 8% to 10% on October 1st, the economy shrank at an annual pace of 6.3% in the fourth quarter of 2019, according to figures released on February 17th (see chart).

 経済学者は、7年前に安倍晋三首相が日本国内のデフレと停滞を回避するために導入した実験的な政策 「アベノミクス」 に、未だ頭を悩ませている。だが、2つの教訓についてははっきりとしている。まず日本の債券市場は驚くほどに従順だ。また日本の世帯は消費税の増加に痛ましいほどの苦痛を感じている。消費税とは、購入の多くに課せられる広範な付加価値税のことだ。今年の02月17日に発表されたグラフによると、2019年10月01日に日本政府が消費税を8%から10%に引き上げた後、経済は2019年の第4四半期に〔GDPを〕年率6.3%縮小したという(下図を参照)。*3

  The tax increase was an unforced error. The government faces no immediate need for additional revenue. Despite gross debt nearing 240% of GDP, its borrowing remains absurdly cheap. The yield on a ten-year government bond is stuck at about zero, where the country’s central bank, the Bank of Japan (BoJ), has pegged it since 2016. That peg obliges the BoJ to buy as much government debt as necessary to keep long-term interest rates low. Such an accommodative stance is needed chiefly because private spending has been weak—too weak, at least, to lift inflation, currently at 0.8%, to its target of 2%. Thus the consumption-tax rise was doubly strange. It made it even harder for firms to sell their goods to Japan’s inhibited consumers, so that Japan’s government could sell fewer bonds to an automatic buyer. It was like shifting weight to the waterlogged side of a ship.

 この増税は〔社会情勢によって強制されたものではなく、日本政府自身による〕自発的な過失であった。政府は、追加の歳入に関する差し迫った必要性には直面していない。総債務がGDPの240%近くあるにもかかわらず、借入れについては非常識なほど安いままだ。ここ10年間、国債の利回りはおおよそゼロに留まり続けている。この国の中央銀行である日本銀行(BoJ;the Bank of Japan)は、2016年以降、その利率に抑え続けている。日銀は長期金利を低く抑えるために、国債を必要なだけ買い取る義務がある。このような金融緩和の姿勢が求められたのは、主に個人消費が弱かったためである。少なくとも、現在のインフレ率を0.8%から目標の2%に引き上げるにはあまりに弱すぎた。したがって、消費税を上昇させたことは二重に奇妙であった。増税は、ただでさえ消費が抑え込まれた人々に対して企業が商品を販売することをさらに困難にし、そして日本政府が自動購買機〔訳注: 日本銀行のこと〕に売りつけられたはずの債券の量をも減らすことになった。それはまるで、浸水しかけている船の水浸しの側へ体重を傾けるようなものだった。
*4

  The error was foreseeable as well as unforced. A rise in the same tax in April 2014 was followed by a similarly dramatic contraction in the economy, undermining the early momentum of Mr Abe’s reflationary push. The government had hoped to avoid a repeat of that experience by adding various offsetting measures, including free education for pre-school children and a “rewards” system for customers who paid cashlessly. These measures may have softened the blow in some ways: consumer spending on non-durable goods fell by less last quarter than it did in the 2014 episode. Unfortunately, these offsetting measures were themselves offset by another aggravating factor: the impact of Typhoon Hagibis, which inundated many towns and killed almost 100 people in October. As a consequence, capital spending by firms shrank even faster than it had after the tax increase six years ago.

 またこの過失は、強制されていないのと同じくらい、予見可能なものでもあった。 2014年4月に同じように消費税の税率が上昇した後、経済も同様に劇的に縮小し、安倍首相のリフレ圧力の初めの勢いを弱めた。政府は、未就学児向けの教育無償化や、キャッシュレスで支払った顧客への「報酬」システムなど、さまざまな相殺措置を盛り込むことで、その経験の再来を避けようと願っていた。これらの措置は、いくつかの点では増税による打撃を和らげた可能性もある。非耐久財への消費支出の減少幅は、2014年の時と比べると縮小しているからだ。だが不幸なことに、これらの相殺措置〔の効果〕自体が、ほかの悪化要因によって相殺されてしまった。昨年10月に台風ハギビスの影響で多くの町が洪水被害に遭い、およそ100人が死亡した。その結果、企業による設備投資の額は、6年前の増税後と較べてもさらに急速に縮小してしまった。*5

  Japan’s prospects for recovery are threatened further by coronavirus. Covid-19 has already killed one person in the country; 53 have been infected (not counting hundreds diagnosed on a cruise ship docked in Yokohama, south of Tokyo). Japan is tightly integrated into Asian manufacturing supply chains that will be disrupted by factory shutdowns in China. It has also been counting on the Tokyo Olympics, which start in July, to lift spirits and spending. That happy prospect must now be in doubt. The government has already said that only elite athletes will be allowed to take part in the Tokyo marathon on March 1st.

 日本の回復の見通しは、さらにコロナウイルスによる脅威に阻まれている。 Covid-19によりすでに国内で1人の死亡者が出ており、53人が感染している(東京南部にある横浜に停泊しているクルーズ船で診断された数百人は、ここでは数えていない)。日本は、中国の工場が閉鎖していることに伴う混乱を被るであろうアジアの製造サプライチェーンと緊密に結びついている。また、7月に始まる東京オリンピックでも、士気と金払いとを高揚させてゆくことが期待されている。そうした幸せな展望は今や明らかに疑わしくなっているというべきだろう。政府はすでに、3月1日の東京マラソンへの参加はエリート選手のみ許可〔し、一般参加者の出場は禁止する〕と声明を出している。*6

  Faced with these fiscal, natural and viral setbacks, what will the BoJ do? Since 2016, when it cut the interest rate on some bank reserves to -0.1% and pegged longer-term yields to zero, it has seemed largely out of ideas. Inflation has persistently undershot its target, which would call for easier monetary policy. But its negative interest rates are already unpopular with banks, insurance companies and savers. And they might prove counterproductive if they inflict too much damage on Japan’s financial institutions, which struggle to pass the negative rates on to their own depositors.

 これらの財政危機、自然災害、そしてウイルスによる景気後退に直面して、日銀は何をするだろうか? 2016年以降、一部の銀行準備金の金利を-0.1%に引き下げ、長期の利回りをゼロに固定したとき、日銀はほとんど万策尽きているかのようにも思われた。インフレはこれまで長い間目標を下回り続けており、金融政策の緩和が求められている。だがそうしたマイナス金利は銀行、保険会社、貯蓄者にはすでに人気がない。また、日本の金融機関に多大な損害を与えた場合、生産性が低下する可能性があり、マイナスの金利を自らの預金者に引き渡すのに苦労する。*7

  A possible solution, proposed by Stefan Angrick of Oxford Economics, a British consultancy, would be for the BoJ to pay higher interest rates on some bank reserves, to shore up the banks’ profitability, but even lower rates on the remainder, to help stimulate borrowing. This tiered system helped Switzerland’s central bank cut interest rates to -0.75%.

 英国のコンサルタント会社「オックスフォード・エコノミクス」のステファン・アングリックの提案によれば、日銀にとって可能な解決策は、一部の銀行の準備金に対してより高い金利を支払うことで銀行の収益性を梃入れし、残りについてはより低い金利を支払うことで借入を刺激することではないかという。スイスの中央銀行はこの段階的なシステムによって金利を-0.75%に引き下げることができた。*8

  One twist is that all three of Japan’s recent disasters—the tax increase, the typhoon and the virus—tend to put upward pressure on prices, even as they have depressed demand. That nascent inflationary pressure might deter the central bank from easing further, even as the economy remains weak. Japan might then finally escape its long stagnation, but only by entering an unhappier period of stagflation.

 日本における直近の3つの災害――消費増税、台風被害、ウイルス――すべてに共通する一つのねじれがある。それは、需要が減少しているにもかかわらず、物価に上昇圧力をかける傾向があるということだ。そうした萌芽期のインフレ圧力は、たとえ市場経済が弱いままであっても、中央銀行のさらなる金融緩和を阻む可能性がある。そうなれば、日本はようやく長い不況から抜け出すことができるかもないけれども、スタグフレーションというより不幸な時代に突入する以外の道がなくなってしまうだろう。*9

語句リスト(段落ごと脚注として)

*1:his worst という限定は、「安倍晋三が総理大臣として在任している期間でもっともひどい」という含意があるものと見て、「在任期間中で最悪」と訳した。

*2:★fiscal: 財政の; viral: ウイルスの;blunder: しくじり・大失態;the consumption tax: 消費税;for a second time: 二度目の

*3:★puzzle over: 頭を悩ませる;experimental mix of policies: 実験的な政策群;ward off: 避ける・撃退し追い払う;deflation: デフレーション;stagnation: 不景気・景気後退・景気の停滞;bond market: 債権市場;docile: 従順だ・素直だ;be painfully sensitive: 痛いほどに感じやすくなっている;value-added tax: 付加価値税;imposed on: 課せられる(←impose on の過去分詞);at an annual pace of: 年間ペースで言うと;in the fourth quarter of: 〜の第四四半期;figures: ここでは発表された統計資料等に含まれる「図表 (figures)」を指す。さすがにThe Economistの著作物をコピーするのは良くないので、以下のURLにて過確認されたし。https://www.economist.com/img/b/1280/1385/85/sites/default/files/20200222_WOC197.png

*4:★ unforced: 強制されていない→自発的な;revenue: 歳入・行政府の収入;gross debt: 総債務;peg: 釘付けにする→(財政関係の数字などをその水準に)安定させる;long-term interest rates: 長期金利;doubly strange: 二重に奇妙だ;firm: 企業・商店・会社;inhibited: 抑制された・引っ込み思案の;bond: 債券;an automatic buyer: 自動的に買い入れる者(ここでは日本銀行のこと);shift weight to: 体重を移動させる;waterlogged: 浸水している

*5:★foreseeable: 予見可能である;dramatic contraction: 劇的な縮小:undermine: 害する・傷つける;momentum of: 勢い;reflationary push: リフレ(=リフレーション)へ向けた圧力・推進力;offsetting: 相殺すること;measures: 政策的措置;pre-school children: 未就学児童;paid cashlessly: キャッシュレス支払いする;soften: 和らげる;the blow: 打撃;in the X episode: Xの時より;aggravating factor: 悪化要因;inundate: 水浸しにする;as a consequence: 結局

*6:★prospects: 見込み・楽観的可能性;be threatened: 脅威に晒されている; manufacturing supply chains: 製造サプライチェーン;lift spirits: 士気を高揚させる

*7:★setback: 後退・敗北・挫折;interest rate: 利率;bank reserves: 銀行準備金; longer-term yields: 長期の利回り;out of ideas: ネタ切れである・何の策もない;persistently: 持続的に・しつこいほどに;undershot: 目標を下回る・目標に届かない;call for: 求める;easier monetary policy: 金融緩和政策(easy-money policyと同じ意味);be unpopular with: 人気がない;saver: 個人で貯金している人;counterproductive: 逆効果である;inflict: 課する・迷惑をかける;depositor: 預金者

*8:★consultancy: コンサルタント会社;shore up: 援助を通じてテコ入れする;profitability: 収益性;reminder: 剰余・余り・残り;tiered: 段階的な・層をなす

*9:★twist: ねじれ(比喩的に、特徴);nascent: 芽生えつつある・萌芽期の・初期の;deter: 阻止する・思いとどまらせる;stagflation: スタグフレーション(景気が後退していく中でインフレーションが同時進行する現象のこと)

Ankiで英語句を収集する:BBC News のコロナウイルス関連情報まとめ記事を例に

昨日、こんなツイートがbuzzツイートとして回ってきました。

ここで書かれたことはどれも優れた学習法だと考えています。英語の堪能な友人も昨年の後半から児童書の通読を試していましたし、先日私が投稿した『アイアンマン』や『インクレディブル・ハルク』の記事も、先程のツイートで書かれた第二の作業と言って差し支えないと思います。

tricken.hatenablog.com
tricken.hatenablog.com



ただ、こちらの方の意見にあるうち、第三項目にある「ニュースの単語を調べる」、というのは、最も意外性がない一方で、「実際にどう読み、どう拾い集めるのか」についてあまり語られていないな、と思いました。
ところでこの「英語ニュースを読む」という勉強について、自分は何度も挑戦しては失敗し続けてきました。けれども最近ようやくAnki との出会いを通じて、この英語ニュースを通じた語句拾いの作業をやり遂げられるようになりました。
そこで、今日はそのやり方を、作業メモついでに残してみようと思います。

I. 教材を用意する

BBC, CNN, TIME, Huffpost 等の、そこそこメジャーな英語圏ニュースサイトのトップページに飛びます。スマホタブレット端末がある場合は、それぞれ対応するアプリがありますので、それをダウンロードしてもよいでしょう(相対的に広告が少なくてみやすい傾向があります)

今回はBBC Newsから1つの記事を選び出しました。

www.bbc.com

II. わからない英語句をみつけ、調べる

プレーンテキストファイル(拡張子が".txt"になるファイルのことです)が作れるエディタに、わからない単語をメモってゆきましょう。
調べた結果は、"単語: 〜〜" のように、単語と説明の間に明確な区切りを仕掛けるようにしましょう。あとでAnkiに一括インポートするためです。
自分の作業結果は以下のようになりました。

quarantine: 検疫
Hubei province: 湖北省
a public gathering: 一般参賀天皇等の、貴人に対する)
tested positive: 陽性反応が出る test positive の過去形・過去分詞;原文はan American woman tested positive for the virus in Malaysia after leaving a cruise liner docked off the coast of Cambodia と過去分詞句で使われる
off the coast: 沖合
repatriate: 強制送還する;
transmissibility: 伝染性
National Institute of Allergy and Infectious Diseases: アメリカ国立アレルギー・感染症研究所
decompress: 減圧する→楽になる
pursuant: a.準じた・従った adv.準じて・従って
disembark: 陸揚げする・船などから人や貨物を下ろす
Russian embassy: ロシア大使館
pharmacist: 薬剤師・製薬者
disinfect: 殺菌消毒する
in a bid to stop the virus spreading.: in a bid to doで「todoを目指して」という成句、「ウイルスの拡散を食い止めることを目指して」という意味になる
curb the outbreak: 感染拡大を抑制(curb)する
epidemic prevention: 流行病の予防→防疫(類義語: quarantine)
hepatitis: 肝炎
a new strain of: (病原体や動植物などの)新種
acute respiratory disease: 急性の呼吸器疾患

調べて抜き書きする際のコツは以下です:

  • わからない語句について調べる辞書は、何を使っても良い。ただし、検索しやすいものにすること。iPhoneであれば辞書アプリがなくともウィズダム英和が標準搭載されている*1。また物書堂リーダーズ英和などは詳しい単語も載っており、ニュースサイトレベルの英語句であれば、珍しい固有名以外のほとんどがヒットする。
  • 辞書は紙で引いても構わないが、コピペしてAnkiで回すことが前提なので、文字列をかんたんにコピペできる電子辞書・Web辞書の方がよいかもしれない。
  • 動詞や名詞などの変化形を無理に原形に戻す必要はない。たとえば複数形を単数形に、過去分詞を原形に戻すという作業は、慣れるまでひと手間かかる。その上で、検索した結果として原形がわかった後は、(←見つけた時の綴り)といったメモを残して、原形と変化形の両方の出会いを記録しておくとよい。
  • 単語ではなく句単位(フレーズと言ってもいいし、イディオムと言ってもよい)の表現が出てきた場合、(1) ひとまずそのまとまりとしての意味を書く。(2) 余裕があれば、その句を構成する単語ごとに追加で調べてもよい。ただし、全体の作業量が多くてダルくなりそうなら、省略して構わないものとする。たとえば上記の事例では、respiratory(a. 呼吸器の)は、単語としては記録しなかった。
  • embassy(n. 大使館)単体で意味がわかっても、Russian embassy と出てきた時にすこしまごついたのであれば、それは語の共起表現に慣れていないということでもある(この分野の語学スキルのことを「コロケーション」と呼ぶ)。コロケーションが弱いなと思ったら、そうした句も迷わず記録すること。私はこのコロケーション分野が弱い自覚があるため、embassyがわかっていても敢えてこの句を学習対象として登録することがある。
  • まれに、英語圏では馴染みのある言い回しでありつつ、日本の英和では出てこない言い回しがある。そういう時は遠慮なくGoogle検索に頼る。Weblio, 英辞郎on the Web、海外の俗語などを扱うUrban Dictionary などであれば結構ヒットすることもある。
  • 直訳はできるが文脈的によく理解できない語句については、とりあえず保留しておいて、あとでSNSなどで議論してみよう。英語学習が好きな人と繋がっていれば、いいコメントをもらえることもあるかも。
  • 語句を調べ尽くしてもわからない下りには、大抵英文法上のかなりマニアックな活用が隠れていたりする。語彙を増やすだけなら忘れていいけれど、英文法にも真面目にアタックしておきたい人は、英文法書も1冊よいのを持っておいていいかも。おすすめは江川泰一郎『英文法解説』。

英文法解説

英文法解説

  • 作者:江川 泰一郎
  • 出版社/メーカー: 金子書房
  • 発売日: 1991/06/01
  • メディア: 単行本

III. Ankiに一括登録する

Ankiに復習対象としてカード登録をします。AnkiはPCやAndroid OSなどで無料で使えますが、iOS用だけ有料です。最初はPCで使うとよいでしょう。

apps.ankiweb.net
readingmonkey.blog.fc2.com

PCでインポートする場合の手順を以下のTweetに画像つきで書きました。*2

もし、それまでやっていたデッキのカードと重複が起きた場合は、以下のページの指示に従って適宜重複を検索し、削除していってください。
wikiwiki.jp

以上の手順をいろんな英語記事に対して仕掛けることで、Ankiと英語ニュースサイトを往復した語彙強化(ボキャビル;vocaburary building)がはかどりやすくなるはずです。おためしあれ。

おまけ1:全訳というエクストリームボキャビル

 おもしろかった英語圏の記事は、翻訳してみるのも面白いと思います。
 私も最近、イギリスのWebニュースにあった日本食ブームの記事を全訳して、色々勉強になりました。
tricken.hatenablog.com
tricken.hatenablog.com

おまけ2: Googleスプレッドシート上でgoogletranslate関数を使って一気に翻訳データを取得する

この記事をレビューしてくださった方から提案がありましたので追記しておきます(ありがとうございます)。
Googleの展開するサービスの中に「Google翻訳」と「Googleスプレッドシート」があります。
そしてGoogleスプレッドシートには、GOOGLETRANSLATE関数 を使うことで、特定のセルの語を別の言語に翻訳するという機能があります。

gotcha.alc.co.jp

これを応用して、今回紹介した英語句のプレーンテキスト作成を簡略化してみることが可能です。

i. Googleスプレッドシートで新規ファイルを開き、googletranslate関数を使う

Googleスプレッドシートのページを開きます。(Googleのアカウントを取得していること前提です)

www.google.com

そして新規ファイルを作成します。作ったら、以下の関数の書式を確認してください。

=googletranslate(訳したいセル,"en","ja")

ここでは、A列に語句が入ると考えて、以下のようなセルをB2に作ってみます。

=googletranslate(B2,"en","ja")

#VALUE! と表示が出ますが、今は気にしないでおきましょう。

ii. ニュース記事から英語句を取得する

 本記事で紹介したやり方と同じです。ただし、辞書を調べる必要はありません。英語の綴りを拾うだけです。半角コロンも使わなくてOKです。

iii. A列に取得したテキストファイルをコピペする

 開始列はA2セルからがよいでしょう。タブ区切りなどを使っていない限り、A2から下に英語句がリストとして貼付されるはずです。

iv. B2セルに仕込んでおいたGOOGLETRANSLATE関数を繰り返し適用する

 B2セルの四角い囲みの右下あたりにマウスカーソルを当ててください。マウスカーソルが十字(クロスヘア)に変化します。それを、A列の最後の語句のセルと同じところまでドラッグ&ドロップしてください。GOOGLETRANSLATE関数がA列の各々のセルを参照するかたちで適用されます。

以上を適用した結果のファイルを公開しておきます。

docs.google.com

使い勝手の評価としては、

  • 単語・固有名・決まり文句については上手に訳される。
  • 一部の単語、特に名詞としても動詞としても使える多義的な語ほど、本文の意味と合致しない場合が出てくる。
  • 2語以上の組み合わせで書かれる句(・熟語・イディオム)で、定型表現にも当てはまらないものについては、かなり頓珍漢な訳が出力される傾向がある。

です。そのため、対応する訳語を、単語中心に手早く洗い出すには向いている手法になります。
熟語については、ひとまずデータを仕上げた後に手動で調べることになりそうですね。

おまけ2のおまけ:最新のGOOGLE翻訳エンジンをGoogle Apps script(GAS)で走らせる

さらにこんな情報もいただきました。


紹介された記事は以下です。
qiita.com

先程のGOOGLE翻訳スプレッドシートの2タブ目に、これの実行結果も置いておきました。精度は確かに、こちらのほうが明らかに高いようです。また、フルセンテンスで翻訳するときにも大いに役立ちそうですね(単語の拾得という点では少し趣旨が違ってきますが)。

時間のある方は、各自のGoogleスプレッドシートに、翻訳用のGASを埋め込んで実行してみてください。

*1:アプリを追加せずに、iPhoneの内蔵辞書を活用可しよう! | マイナビニュース

*2:Hatena Fotolifeは画像が見えづらくなるので最近使っていない。